収納家具

大きな収納は奥様の強い味方!
でも、ただしまうだけでは意味がありません。
機能的な収納家具でスマートライフをおくりましょう。

収納家具イメージ
収納家具イメージ

スッキリスマートライフを送るためには、
「どこに・何を・どのように」しまうか、決めることです。
自分たちのライフスタイルと照らし合わせて、
最適な収納家具の位置やサイズを選びましょう。

収納上手になるためのポイント、家具選び

Point 1
家族構成を考え、
必要な物だけに抑える。
どうしても増えてしまう食器や衣類。
物を必要最小限に抑えるのも収納上手になる第一歩です。
よく使う物とあまり使わない物を考えて収納する場所を決めましょう。
Point 2
全部きちんと収納するために、
中に納めたい物に合わせて、
家具のデザイン・寸法を決める。
オーダー家具の良い所は、しまう物が決まっていれば物に合わせて、
棚の位置やサイズを変えられる所です。
スペースを有効に使うために「どこに何をしまう」かを決める必要があります。
Point 3
お気に入りを見せるのか?
きちんとしまうのか?
しまうだけが収納ではありません。
かわいい雑貨や、キッチンツールを飾り、
お気に入りに囲まれれば、暮らしもハッピーになります。

収納家具の選び方

キャビネットのサイズを決める

スペースや収納物に合わせて奥行きをチョイス!
使いやすい収納を適材適所に。


収納の奥行は、使いやすさを決める重要なポイント。リビング、キッチン、サニタリーなど、
お部屋の使用目的が異なれば、使いやすい収納サイズも変わるはずです。
しまいやすく取り出しやすい収納を目指して、その場所にもっとも合った奥行を選択しましょう。

扉や抽斗、棚板の位置を決める

扉、引出、棚板

扉や抽斗、棚板の位置を決める

高圧メラミン・ポリエステル化 天然木突板・塗装

洗面カウンター選びのポイント

洗面カウンターの豆知識

カウンターTOPの素材と形状を選ぶ

メラミンポストフォーム、人工大理石

洗面ボウルの納まりを選ぶ

洗面ボウル説明

トータルデザイン、メンテナンス性を考えるとシームアンダー加工のスタイリッシュカウンターがおすすめです!
さらにボウルの排水口に汚れのたまりにくいフランジレスタイプを使えば掃除のて手間がかからず清潔です。

キャビネットデザインを選ぶ

キャビネット

カウンタートップの下をどの様に使うか?
カウンターをL型の金物で壁に取り付け下は
オープンのままならブラケットタイプ、
箱を作り扉を付ければ収納スペースのある
キャビネットタイプ。
(配管と干渉しない部分なら抽斗も出来ます)