ダイニング

機能的なキッチン収納とちょうど良いサイズのテーブル、
座り心地良いチェアーで家族の楽しい食事やティータイムをもっとHAPPYにしましょう。

キッチン・ダイニングイメージ
キッチン・ダイニングイメージ

キッチンで大事なのは物を収納する場所とそれを使う時のスムーズな導線です。
快適なダイニングルーム作りの為にも収納家具やテーブル、チェアのレイアウトも重要です。
自分達のライフスタイルやお部屋の広さに合わせた家具選びをしましょう。

快適に食事をするための、チェアー&テーブル選びのマナー

Point 1
一人当たりに必要な
食事スペースがあります
ゆったりと食事をするために必要なテーブルの大きさを考えてみましょう。一人が必要とする食事のスペースは、おおよそ幅60cm、奥行40cmといわれています。これに家族の人数をかければテーブルの大きさを算出できますが、料理内容によって異なったり、食事以外の目的にも使用したりしますので、少しでも大きいほうが良いでしょう。
Point 2
椅子とテ一ブルの
最適な高さがあります。
ダイニングテ一ブルの高さは、低いと両腕が下がり、高いと肩が常にあがってしまい、いずれも肩・腕が疲れやすくなります。食事に最適な高さは、椅子の座高との差が27~30cm位といわれています。椅子に座り軽く脇をしめてテーブルに手を下したとき、肘が90度位になる高さが最適です。また、テ一ブルに幕板や引出しなどがある商品は実際に座ってみて足とのすき間が確保できるか確認しましょう。
Point 3
ダイニングテーブルの脚タイプで
使い方が変わります。
ダイニシグテーブルが2本脚や1本脚のように、テーブルの角に脚がない場合、椅子を引く寸法が少なくて出入りでき、コンパクトなダイニングに適してしいます。ただし、妻手側へは、足がテーブルの脚にぶつかり座りにくいという点もあります。逆に4本脚のタイプでは、妻手側に座ることができますが、椅子を大きく引いて出入りする必要があります〟

自分好みのオンリーワンのダイニングテーブルを作りませんか?
「素材」+「サイズ」+「カラー」+「レッグ」=多彩なパターンオーダーが出来ます。

組み合わせ例
テーブル組み合わせ例
テーブル天板の参考素材
天然木突板 集成材各種 メラニン化粧板

チェアーのフレームとテーブルのカラーコーディネート(色合わせ)も出来ます。
もちろんチェアの張地も数百種類の中からチョイス可能。